Close MenuOpen Menu

キッチンを機能的に使えるような収納

キッチンをより使いやすくするための収納

キッチンは、特に生活用具の中でも物が増えやすい場所ですね。

一人暮らしの人でも、普段から自宅で料理をする人ならばある一定量の調理器具は必要ですし、調味料なども並べるとなるとかなりの物が溢れかえる場所だと言っていいでしょう。

しかし、キッチンにはシンクの下や上と言ったようにスペースがあるのが基本ですね。

とは言っても、あくまでそれはスペースでしかないので適当にしまっておくと、しまうことはできても後で使う時に出すのが大変になってしまうんです。

調理器具にしろ調味料にしろ、特に普段使う物なわけですからしまうのは勿論出すことも考えて片付けをしなくてはいけないんですね。

毎日使う物だからこそ、この空間を片付けるためには単純に物をしまうだけではなく、使う時に出しやすくという事を考えて片付けなくては行けないんです。

配置の仕方は普段料理をするイメージを踏襲して

そして、よりキッチンを綺麗にするだけでなく使いやすく片付けをするためには配置などもとても重要ですね。

キッチンでは、調理をする際に当然その空間の中で動いて道具を使いながらというようなやり方になりますね。
なので、キッチンの調理器具のしまう場所や配置場所という物は単純に並べるのではなく実際に料理を自分がするときに手順を持って流れるような位置では位置をしていくと、キッチンも使いやすくなるでしょう。

主に、準備、下ごしらえ、加熱料理、盛り付け、配膳と言うような形で流れるように配置をしておくと実際にキッチンの中で効率的に動く事ができる、という配置にする事ができるんですね。

そして、その後後片付けをしてから調理器具をしまうところまで考えた配置をするように意識する事で、よりキッチンを使いやすくする事ができるでしょう。

片付け上手は料理上手につながってる

キッチン周りを綺麗に片付ける事ができる人、というのは料理をする際の効率的な動き方、という物をイメージする事ができる人なんですね。

だから、キッチンがしっかりと片付いていてしかも機能的に利用することができるような空間を作る事ができる人、というのは片付けが上手なのは勿論なのですが料理上手というところにもつながるのです。