Close MenuOpen Menu

収納を上手にするならしまい方が大事

片付け下手は収納の仕方が間違っているかも?

色々とグッズを買ったり、スペースなどを開けてみたりしているのになぜか部屋がゴチャっとしているように見える。
そんな片付けが苦手な人の特徴が、そもそもしまい方が下手だという事が多いんですね。

どういうことかというと、折角スペースを作ってもそこに入れる時に乱雑に入れたりする事でそのスペースの中で余計なデッドスペースを作ってしまう事が多いんです。

なので、色々とグッズを購入して物をしまう空間はたくさんあるのに部屋が片付かない、という人は自分の片付け方やしまい方が間違っていないかどうかを見直してみるといいでしょうね。

例えばですが、服をしまうところも適当にぐしゃぐしゃっと丸めたりして入れているせいで、中で嵩張ってスペースを余計に取ってしまっている、ということもありえます。

衣類などは、きちんと畳んで入れればスペースも沢山できます。

隙間を埋めるようにしまうやり方を覚えよう

綺麗にしまうのに、畳んだりするというのはあくまで当たり前の概念です。
更に、そこで片付け上手になるためにはしまい方で隙間を埋めるというやり方を覚える事です。

物をしまう時、というのは同じ空間にしまうにしても大きさが当然違いますし、形も違いますよね。
となると、等間隔でしまうことができない以上適当にしまっていれは余計なスペースができてしまったりするわけです。

そうなると、せっかくのスペースがムダになってしまいますのでその中にしまう順番や組み合わせなどもしっかり考えて、空間の中にデッドスペースができないように隙間を詰めてしまうような癖を付けていくことで、より効率的に物を片付けるという事ができるようになるでしょう。

隙間を詰めるためには、柔らかい物などで隙間を詰め形を変えられない物を先にしまうなどするとやりやすいですね。

上手に片付けるための一番のコツとは

そして、最大の片付けのコツは何と言っても日々ちゃんと細々した物を片付ける癖をつける事です。

出しっぱなしにしていて、一気にしまおうとするから面倒になって適当に入れてしまいがちになるんです。

だから、普段から綺麗に使ったものはしまうという癖をつける事が一番の片付けの極意なのです。