Close MenuOpen Menu

部屋の中の収納スペースの応用について

家の中で物をしまうスペースのおすすめについて

物を片付ける時は、当然物をおくためのスペースなどが必要になってきますね。
実際、普通の家であってもアパートのような一人暮らしの空間であっても片付けをするためのスペース、という物もありますよね。

基本は、やはりクローゼットが一番イメージしやすいのではないでしょうか。

実際、不動産屋などで部屋を探す時の条件の一つにある程度クローゼットなどの収納スペースに関しても見たりしますよね。
また、クローゼットの有無というのはとても大きな要素になります。

そして、クローゼットの他に例えばアパートなんかだとロフトがあるかどうか、というところも一つの要素として考えておくといいでしょう。

ロフトは、言ってみれば上部のデッドスペースなんかに物を置くことができる様になるというところなので、一人暮らしには貴重なスペースになるでしょう。

一人暮らしの空間を上手に使って片付けをしよう

一人暮らしの場合、特に物置のような部屋全体を使って片付けのスペースを使ったりするという事ができない以上一つの空間の中のスペースを利用して片付けをするという事が重要になってきます。

そうすると、クローゼットやロフトのようなスペースと言うのはあくまで基本スペースになっていますね。

更に、そこで通常の部屋の中の空間もラックなどを用いる事によって平面だけでなく立体方向で物を配置したりすることによって空間を無駄なく片付ける事ができるようになりますね。

ただ、ラックや棚などはあればあるだけ物が片付く様になるという物ではないですね。

それこそ、ラックだらけにしすぎてしまうと今度はラックが部屋の中を圧迫して狭くしてしまうこともありますからね。

なので、ラックなどを設置する際にも必要な分だけを用意してその中でやりくりするように工夫をして片付けるようにすると無駄なく使えるでしょう。

どのように片付ける事が大事になるのか

結局のところ、どのように片付けるのが大事なのかというとそれは空間を上手に利用するという事が大事なんですね。

平面だけではなく、立体での空間を把握してデッドスペースやムダなスペースを作らないように片付けていくという事が大事です。