Close MenuOpen Menu

狭い部屋だからこそアイデアしぼってより良い空間づくりをする収納術をマスター

片付け上手になるためには極意を勉強するところから

日本の住宅街はとにかく狭い。
日本という国自体の土地が狭い上に、人が多いという状況からこれはある意味仕方ないかもしれませんが、アパートにマンションにと集合住宅というのは特に狭いですね。

片付け上手になるためには極意を勉強するところから

狭いからこそ、生活に必要な物をどうしても上手に収納しないとただでさえ狭い部屋の中が余計に狭く見える上に、散らかって見えるという非常に良くないループにつながっているのです。

ですから、そういったことにならないためには収納をより効率的に行う事ができる片付け上手になる必要があるのです。

そして、片付け上手になるためには如何に部屋の中を効率よく使ってデッドスペースをなるだけなくし、隙間を詰めて行くという事が大きな極意になっているんです。

The recommendation site
むくしな
デスクワークや立ちっぱなしの仕事で足がパンパンに浮腫み悩んでいる特に女性のかたにおすすめのサイト

あれこれと片付けグッズなどを購入しても結局そのせいで嵩張ってしまって本末転倒になってしまいがちですからね。

グッズはシンプルかつ機能的な物を選ぶのがいい

特に、部屋の中で綺麗にかつ効率よく物をしまうために必要なグッズですがこれを選ぶ時に失敗しがちなのが、沢山の物を入れられるように大きなものを選んでしまったり、インテリアとして見た目重視で選んでしまう事です。

グッズはシンプルかつ機能的な物を選ぶのがいい

確かに、見栄えはよくなるし簡単にしまう事ができるのですが側が大き過ぎて結局それが場所を取ってしまい、結果的に部屋を余計に狭くしてしまうという事がよくありがちなんです。

なので、物をしまうためのグッズを選ぶ時はガワよりも中、つまり内側のサイズです。

つまり、外側の大きさと内側のサイズがあまり乖離がないような物を選んだほうが、同じスペースの中でも中に入れることができる物の量が増えるということですね。

そのためには、見た目はなるべくシンプルな物でデザインがごてごてしているような物を選ばないのがコツです。

スペースを上手に利用するためにはどうしたらいいか

そして、もう一つ重要になってくるのが部屋のスペースの利用方法ですね。

日本家屋の部屋は狭いとは言っても、よく見てみると隙間や空いているところというのはあるものです。


そこを、如何に有効活用するのかという事が片付け上手に近づくまず第一歩になるのです。

タンスやチェストなどを設置する場合も、部屋のデッドスペースになっているところに綺麗に滑り込ませる事ができればムダなスペースがなくなって、しかもそこに物をしまう事もできるので一石二鳥になるわけですね。

The recommendation site
https://hadabito.com/
最新の人気コスメから白肌に近づくためのおすすめ商品までいっぱい取り揃えております!

これは、新しいスペースに新しいグッズを設置するのもいいのですが元々ある道具の配置を変えたり、組み合わせを変えたりすることによって今までデッドスペースになって居た場所を有効活用する事もできるので部屋のレイアウト全体を見直すといいでしょう。